揺れ

父が旅立った。

全ては織り込み済みだった。



ずっと不満だらけだった。

反発ばかりした。

 

けれどもずっと感じていた。

小さいころから今に至るまで、息子の人格に対する敬意を、愛を。

 

はっきり言って母親の方がいい。

 

なのになんだろう。

この感情の揺れは。

 

まさかこうなるとは思ってもみなかった。

 

してくれたことがあまりにも多きすぎたのかもしれない。

 


(コメントは結構です)