精神科医って・・・

今度、精神疾患やがんなど病気を抱えながらの働き方と長期休業後の職場復帰について話す機会を頂きました。

 

なので、今そっち系のことを必死こいて勉強中です。

精神科医の方などにも業界のことを聞いたりしています。

 

以前、私は障害をお持ちの方の「働く」支援をしていました。

そこで感じていたことがあります。

 

あまりにも企業側あるいは支援者側が、主治医の一言をあたかも天皇陛下のお言葉のようにありがたがるんですね。

 

私が支援していた、とある方の企業人事担当者は言いました。

職場復帰時にあたって、最初は何時間勤務でどれぐらいしたら何時間勤務に延長していったら良いか診断書に書いてほしいと。

 

はぁそうですかと答えたものの、んなもん医者に分かるわけねぇだろなんて思ってしまいました。

その人事の方は常にゴリ押しするタイプの方でしたので、言っても無駄だなと思い何も言いませんでしたが。

 

シンプルに言えば自己防衛意識の高い方なんでしょうが、悪く言えば責任回避の担保がほしいだけです。

 

お医者さんもそんなこと言われて困るだろなと。

案の定困ってましたけど。

 

そもそもの話、精神疾患というものは数値で表せるものでありません。

血圧が140超えたからちょっと塩分控えましょうかなどといったようなやり取りができる客観的な数字があるわけじゃないんですね。

 

今日お話を伺った精神科医の方も言っていましたが、あくまで極端な話ですが、精神科医の裁量で白にも黒にもなりうるものなんです。

 

例えば休職中の精神疾患の方が、なんとか働きたいんです、働かないと生活していけませんなどと切なる訴えをすれば、よほどのことがない限り働けないなんてお医者さんにはなかなか言えないと思うんです。

 

つくづく、お医者さんの中でも精神科医というのは特殊な世界だなぁって思います。

 

「ノーブレス・オブリージュ」という言葉があります。

これは、高位に就く者の責任、日本で言うならば侍の誇りといったものでしょうか。

 

社会的に高い地位に就く人や影響力のある方は、より身を正す必要があります。

特に「心」といった曖昧なものを扱う世界では気を付ける必要があるでしょう。

 

私は、こんな精神科医って・・・と思った人に何人か会ってきました。

処方一つで人生にまで影響を及ぼすことがあります。本当に。

 

私も対人援助の世界に生きています。

 

身をしっかり正さねばと思うのでした。