家族の価値観に子供はどう対峙する?

 

それぞれの家庭にそれぞれの独特の空気感があります。

目に見えないものなのに肌で感じる、心で感じる。

 

しかもなんとはなしにひしひしと。

 

 

あったかい空気感。

ピリピリした空気感。

人を包み込むような雰囲気。

無関心な様子。

それぞれが自分の世界を持っているような家庭。

 

様々です。



そして、それぞれの家庭にそれぞれの価値観が何気なく息づいています。

 

世間体を大事にする家族。

学歴や肩書こそが全ての家族。

何よりもお金こそが生きる上で大事という家族。

家族みんなが仲良くやることが大事という家族。

 

生まれてくる子供にとって家族という環境は選べません。

言葉に表せないその家族に流れる価値観にどう対峙するのか?

 

受け入れるか受け入れないか、基本的に二択です。

選ぶのは自分自身です。

選んだ選択肢への表現の仕方はそれぞれですが、その人なりのやり方で表現していくことになります。

 

あの家庭になぜあんな子が?というのはある意味、十分ありえることなのです。

両親が警察官、あるいは両親が教師の家庭に、時にこの子はなぜ?ということが起こるのです。

 

それは、家族価値を受け入れなかったということ。

善かれ悪しかれ、その価値観に対し自分なりの表現をしたのです。

 


私の母方の家族は親を大事にする、家族に献身的に尽くす、 そういった雰囲気なのか価値観なのか、なんとはなしに感じていました。

 

親戚のおじさんおばさんのその親に対する介護のあり方の話を聞かされてきました。

母親の義理の母、すなわち私の祖母への介護の様子を見てきました。

私の父への世話の様子を見てきました。

 

なんとはなしに私が感じている私の家の価値観、それは 忍耐、努力、献身といったものか。

 

さて、私はその価値観を受け入れるのか受けれないのか。



すでに受け継いでる部分も多々あります。

しかし、献身についてはずっと見せつけられてきました。

 

私はその価値観に対して、はたしてどう対峙し、どう振る舞っていくんだろう・・・

 

 

では、皆さんの家庭は?

 

 

 

< アドラー心理学ライフスタイル診断>

~あなたの人生を紐解き、よりよく生きるヒントに~

 https://peraichi.com/landing_pages/view/r3kw3