点と点を結ぶ人生の意味

人生では様々なことが起こります。

何気なく覚えてる出来事、あるいは印象的な出来事、強烈な出来事。

人の人生にはそういった出来事の点と点が無数にあります。

そして点と点にはそれぞれに感情が含まれていることがしばしばです。

切なかったこと、悔しかったこと、寂しかったこと、嬉しかったこと、等々。

それぞれが点と点に過ぎません。

しかし実は、その点と点にはしばしば本人も知らない「意味」が隠されています。
点と点を結ぶ線・・・「意味」を知った時の反応は人それぞれです。

固まる人、深く納得する人、衝撃を受ける人。

自分がなぜ何のために生きてきたかを知った時、人は自分の人生に肯定的意味付けを持つことができます。

なぜなら自分の人生のストーリー(物語)を知るからです。

そうして、自分の生きる意味~目的を真に知った人は顔を上げずにはいられません。
その目的に沿って行動していくようになります。

物語の中の一員になるのです。

その時、困難が困難でなくなることもあります。
困難にすら意味を見出すからです。

オリンピックで金メダルを目指す人は苦しい練習に耐えられます。

仕事は苦痛と感じている人は週一回の仕事ですら苦役になります。

将来一流の料理人になりたいという目標を持っている人は、下積みの皿洗いや雑用を耐えられます。


人は意味付けの世界に生きているのです。
世界に唯一の自分の物語。

あなたの人生の意味は何ですか?
あなたにとっての働く意味は?

 

あなたの物語とは?

あなたは何のために、どこに向かって、どう生きていきたいのですか?

 

 

 

 

アドラー心理学ライフスタイル診断

~あなたの人生を紐解き、より良く生きるヒントに~

https://peraichi.com/landing_pages/view/r3kw3