古い記憶に今の自分が秘められている?

 

一番古い記憶がある。

 

2歳の頃。

 

祖父の自転車の後ろにぽかぽか暖かい陽気の中、乗せられて、ゴルフ場のほうに向かっていた。



他にもいろいろな記憶がある。

 

居間にぽつんと座って祖父母とお客さんが話しているのを眺めていた。

 

風邪で入院した時、おじさんがブロックのゲームを買ってくれた時。

 

小学校4年生ぐらいの頃、算数の授業で誰よりも早くできましたと言うことに燃えていた瞬間。

 

小学4年のバスケ部の夏休みの練習で毎日休まず参加した人にポカリ賞というのをもらって、それが男の子で私、女の子で一人、いずれ付き合うことになる女の子と目があった時。

 

小学校4年の時、一番人気のあった女の子からみんなの前でバレンタインのチョコをもらって、恥ずかしくてもらうのを拒否したら泣いてそれを見て私も泣いてしまった。

 

真冬のノルディックの練習で、田んぼに積もった一面の銀世界の中、何も遮ることがなく激しい吹雪がバチバチ顔に当たった際に、何か血が滾る感覚を覚えた。

 

5歳ぐらいの頃、父親とお風呂で湯船に入って上がる前に九九を暗唱してから上がらされた。

 

母の膝車に乗せられて耳かきをしてもらいながら「さっちゃんはね~♪さちこっていうんだほんとはね~♪」って歌ってるのを「さっちゃんじゃなくてたっちゃんだ」と思った時。

 

小さい頃、母が家族で順番に誰が好き?と聞いてきたので順番に言って最後に一番は母と言った時に母が喜んだのを見たとき。

 

母方の祖父と真夏に取れた枝豆を黙々ともいでいた。

 

一人で山に虫取りに行ってオオムラサキと呼ばれた蝶々を捕まえたあの瞬間。




アドラー心理学では何気なく覚えている小さい頃の出来事に、その人の人生の見方や価値観、生き方のパターン、ライフスタイルが現れていると言います。

 

私は、それを普段人にやっているのですが、自分のことをちゃんと分析したことはありません。

 

なぜなら、どれだけアドラー心理学を極めたとしても、自分のことはどうしても自分

のフィルターで見てしまうので客観性が乏しいと言われているからです。



はたして私は、いったいなんのために、何を求めて、これから何に向かって生きて行くのだろう?



なんとなくは自分のライフスタイルは分かっているつもりなんですけどね。

 

きっとこの記憶の中に私の全てが眠っているに違いありません。

 

 

 

アドラー心理学ライフスタイル診断 7月限定キャンペーン実施中!

https://peraichi.com/landing_pages/view/r3kw3