あなたの人生の北極星は?

昨日のブログでこれからの時代は多様な働き方の時代になっていくと書きました。

 

一昔前は終身雇用・年功序列制という社会でしたが、今や明らかに変わっています。

 

会社に入って正社員になって長年勤めていけば段々給料も役職も上がって安心安全な職業生活だったものが、今や公務員や大企業などを除いてそんなには多くはないのではないでしょうか?



平日、落ち着いたカフェで私が長居して仕事をしていると、似たような人がいっぱいいます。

パソコン出している人はたくさん、打ち合わせや、面談、カウンセリングやセラピーをしていたり、いろんな人がいます。

 

聞こえてくる言葉も、SNSがどうの、アフィリエイトがどうの、ブログがどうの、株価がどうの、個人が収入を得るための単語が随所に聞こえてきます。

 

通信環境の変化によって、報酬を得る方法も多様になっています。

こういった時代において、副業禁止などというのはナンセンスになっていくでしょう。



副業禁止の要件を緩めることが政府によって推奨されていく方向性であると、何かの記事で読みました。

 

そもそも副業禁止というのは、そんなに仕事したら疲れるでしょというのと、同業の業種で副業することで迷惑をかけないようにという趣旨です。

 

それが外れたら、副業禁止の意味はもはや死文化します。

 

実際、アパート収入を得ている人もいるだろうし、ブログでのアフィリエイト収入を得ている人もいるでしょう、ユーチューバーと呼ばれる人もいる。

 

すでに副業禁止は、なし崩し状態なのかもしれません。



しかし、一方こういったユーチューバーなどといったような報酬の得方は果たしていつまで続くのでしょうか?

 

私には時代が生み出した一過性のもののような気がするのです。

 

そこには、本当の「働く」喜びがありません。

 

人の役に立つこと、必要とされること、感謝されること、そういったものがこれらから果たしてどこまで得られるでしょうか?



ちょっと風が吹けば、すぐに違うものに移っていくことでしょう。

 

本質はいかなる時代でも不変です。

本質から外れたものは、いずれ淘汰されるでしょう。


風向きが悪くなるとモチベーションが維持できないんですね。

 

 

社会心理学では、報酬の多寡によって生産性が上がるのは単純作業の仕事であって、創造性を伴う仕事は報酬が高くなるとかえって生産性が下がるという実証があります。

 

21世紀、創造性の時代にあってはモチベーションの時代なのです。

 

それが曖昧だと揺らぎます。

 

働く意味を求めてさまよう人が数多くいます。

私の元にも相談に来られます。



こういった場合に必要なことは、自分の人生の目的、人生のミッションを明確に定めること。

 

そうすることによって、人生の目的の手段である仕事において何か変化があっても、そうはぶれないんですね。



自分の目指す北極星を定めるんです。

 

北極星が明確になれば、道は違っても、スピードが違っても、迷っても、必ず戻ってこれる。

また北極星に向かっていける。



あなたにとっての「働く」意味とは?

 

何のために働くのか?

 

あなたの北極星を言葉にすると?



私は今後これをワークショップやカウンセリングにおいてやって行きます。

 

まだ準備中ですがワクワクしてます。



私の北極星?

 

 

 

勇気づけ