独居高齢者の今「夜が寂しい」

 

高齢者の夜間安心電話の相談員をやっています。

 

様々な方から電話がきます。

何も高齢者に限りません。

若い方からも、あるいは親御さんのことでのご相談もあります。

 

最初から最後までひっきりなしに電話がかかってきます。

何十回と掛けないと繋がらないと、皆さん一様に言います。

 

話す内容も様々です。

家族のこと、病気のこと、世の中のこと。



その中で私が感じる一番多い相談内容。

 

それは「夜が寂しい」

 

ご高齢になるとお子さんが家を出ていきます。

連れ合いを亡くされた方が一人家にいます。

あるいは老人ホームなどに一人います。

 

日中はまだ良いのです。

日中は誰かと話す機会があります。

 

ご家族かもしれません、友達かもしれません、病院かもしれません、近所の買い物先、ヘルパーさん、誰かがいるんですね。

 

しかし必ずやってくるんです。

孤独な夜が。

 

夜が暗くなり始めてから22時23時ぐらいまでが魔の時間です。

老人ホームでは食事が終わった後です。

 

夜が寂しい。

この言葉を言う人もいれば言わなくてもそうだろうなという方もいます。

 

一人暮らしのご高齢の方は気を紛らわせるためにテレビをつける方がいます。

しかし皆さん言います。

全く面白くないと。

 

この電話で今日初めて人と話したという人もいます。

 

こちらがうんとかすんとか言う間もなく、ダーッと喋ってひとしきり話し終えて、ありがとうございましたと電話を切る方もいます。

 

皆さん飢えてるんですね。

人に飢えてるんです。

会話に飢えてるんです。

聞いて欲しいんです。

 

ただただ聞いてくれる、ただ人と話すことができる、会話ができる。

これがどんなに大きいことなのか。

どんなにか恵みなのか。

 

人生の晩秋が迫り、余計に寂しさを募らせているのかもしれません。

 

何気ない声かけ、何気ない挨拶、それによって救われる人がひょっとしたら数多くいるのかもしれませんね。