心を込めるな?

もうだいぶ前のことです。

ある若い発達障害の女性の方の就労支援を担当していました。

 

その頃は私自身、発達障害に対する知識がまだそれほどなかった頃です。

 

その方はとても繊細な方でした。

繊細すぎるがゆえにこそ生きづらさを抱えていたのかもしれません。

 

就労前にまずどこかに通うということが課題になっている方でした。

しかし、本人が就労を望む以上、意見は言っても強制することはできません。

私はまだ早いと思いながらもサポートしていました。

 

ある会社の面接が決まりました。

私は面接に同行しました。

フォローするためです。

 

面接会場に着きました。

待合室に待機するよう言われました。

 

まるでバロック調の様な荘厳な部屋でした。

面接を受ける人の緊張を高めるにはもってこいの部屋です。

 

彼女がカチカチになってるのが隣から伝わってきます。

横を見やると顔が青ざめています。

 

私は努めて淡々と振る舞います。

彼女にかける言葉は彼女の耳には届きません。

透き通った風のように流れていきます。

 

息がヒューヒュー言い始めました。

 

私の勇気づけ魂にカチッとスイッチが入りました。

 

「手出して」

「はい?」

「手を」

「はい?」

 

彼女は不思議そうに手を出しました。

 

「がんばれ~」

 

ぎゅ~っと握りました。

 

面接を終えました。

彼女は部屋を出るやいなや流しのある部屋にダダーッと駆け込みました。

 

肩で息をしています。

ゼーゼーゼー。

 

私は肩に手をかけました。

「大丈夫?」

「大丈夫です」

 

このまま帰すわけにいかないと思い、建物の1階にあるカフェに入りました。

ほぐそうと思って少しおしゃべりをしました。

彼女は次第に緊張が取れてきて笑顔が戻りました。

 

次の日のことです。

彼女から職場に電話がかかってきました。

女性社員が出ました。

 

「担当を佐藤さんから変えて欲しい」

 

???

 

要は、手を握られたり肩に触れられたりしたことが嫌だったということでした。

同僚や上司は私がそこまで変態ではないということは分かってくれていた?のでうまくフォローしてくれました。

 

私は後から知りました。

発達障害の方の中には感覚過敏の方が多いと。

 

オーマイガーッ!

 

私が最も心を込めたことが、皮肉にも 相手にとっては最も嫌なことだったのでした。

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    ナオ ヒカル (金曜日, 07 7月 2017 20:37)

    ひゃー!私もやりそうで、怖い❗️
    身体に触れるって事が嫌な人もいるって知っておく事は大事ですね。
    心に留めます。

  • #2

    佐藤たけはる (土曜日, 08 7月 2017 09:35)

    そうなんですよね。熱意が皮肉な結果にならないよう気を付けないとですよね。

    ナオさんもなんとなく熱意ありそうな感じがするので、気を付けてくださいね~